初めて運転免許を取得する人に適した免許

運転免許の種類と取得条件について

自動車などの車両を公道で走らせる際は専用の運転免許証が必要になります。免許を取得せずに車両の運転を行うと重大な法律違反になる他、大きな事故を引き起こす危険もあります。車両を安全に運転するためには免許取得が必須条件です。一般的に運転免許と称されるものは普通自動車の運転が可能になる普通免許です。自家用車の多くが軽自動車を含む普通自動車なので、公道を走らせる際は普通免許を持っていれば事足ります。また、普通免許は年齢が18歳以上で視力が0.7以上であれば誰でも取得が可能なので最も馴染み深い免許でもあります。普通免許があれば普通自動車の他、原動機付自転車やコンバインなどの小型特殊自動車も運転が出来るので便利です。通勤や仕事で自動車を運転する必要がある人には必須の免許といえます。

普通自動車免許は運転免許の中でも基本となる免許です。トラックの運転に必要な大型自動車免許は普通免許を所持していないと受験資格がありません。また、クレーン車やショベルカーなどの大型の特殊車両を公道で運転するのに必要な大型特殊自動車免許は、普通自動車の所持者であれば一部の適性検査を省略することが出来ます。このように、自動車を運転する仕事に従事する人にとって普通免許は最も重要な免許と位置づけられます。

実用性を重視した普通免許と趣味に特化した普通自動二輪免許

普通免許は一般的な普通自動車の他に原動機付自転車の運転も出来る免許です。原動機付自転車は俗に原付バイクとも呼ばれ、法律では排気量が50cc以下でサイドカーでは無い二輪車を指します。その一方で50ccを超えるバイクは中型二輪の枠に入るため、普通免許での運転は不可能です。中型二輪を運転するには専用の免許である普通自動二輪免許を取得する必要があります。普通自動二輪免許を持っていれば排気量が400cc以下のバイクまで運転することが出来るので、愛車選びの幅が広がるのが大きなメリットです。バイク乗りには不可欠な普通自動二輪免許ですが、その反面、普通免許のような実用性にはやや乏しい欠点もあります。仕事で中型二輪の運転を行うなど特別な事情が無い限り、初めて運転免許を取る際は普通免許を選ぶのが無難です。

普通自動二輪免許は趣味の要素が強い免許ですが、バイクの運転を経験することによって交通ルールの重要性をより理解することが出来ます。自動車とバイクとでは運転時の視界や体で受ける感覚が大きく異なるので、多角的な見方で安全運転を遵守することが可能になります。

運転免許は生活スタイルと実用性を考慮して選ぼう

運転免許を取る際は通勤を含めた仕事に必要であり、暮らしをより便利なものにすることを重視して選ぶことを心がけます。また、自動車免許は公的な身分証明書としても使えるので、自動車を運転しない人であっても取得して損はありません。